記事の詳細

エスケイ通信では労働問題について多くの実績を持つ企業です。労働問題、パワハラ、女性の育休問題、さまざまな点で超えてはいけない線を超えている企業は多くあります。しかし、改善を訴えても一人ひとりの力では費用や時間もかかり、結果的に諦めてしまう人の方が多いのも事実です。そんな時におすすめしたいのが、集団訴訟です。同じ悩み、同じ経験を持つ者同士が結託をして企業側と戦うことを指します。集団訴訟対策と言っても、訴訟経験を持つ人は少ないので、何をすればいいのか分からない人も多くいます。労働問題については、全国的に問題になっている部分もあります。運送業などの場合、全国的に同じ事例が発生している可能性もあり、被害者の会や弁護団がないかどうかを探してみると良いでしょう。ただ、被害者の会を装った詐欺も横行しているので、個人では見極めが大変な場合もあります。そんな時はエスケイ通信に任せると、被害者の会や弁護団が信頼出来るものかどうかの調査もしてもらえます。

集団訴訟をしたからと言って、必ず勝訴出来るわけではありません。企業側にも弁護士はついていますし、大企業になればなるほど顧問弁護士も優秀な人ばかりです。しかし、大企業に対して集団訴訟する場合は、それだけでマスコミなどにも話が伝わり、事態を重く受け止めてもらえる可能性が高いのです。大小関わらず、企業は信用を第一にしているため集団訴訟されることを嫌う傾向があります。集団訴訟を勧めている理由として、多くの人が実態を知ることで企業側が改善する可能性があると見ています。

集団訴訟は時間、お金、労力などさまざまなものを使っても結果が出ないことがあります。しかし、待遇改善を求める場合は騒ぎが起こることで改善されることもあります。集団訴訟は訴えた側の望みがすべて叶うことの方が珍しいタイプです。企業側もすべての要求を飲むことは出来なくても妥協案を提示してくることがあります。その中に、労働問題に関する改善対応を求めるようにしてもいいかもしれません。集団訴訟の場合、待遇改善などでどれだけ企業側がブラックであるかの証拠が必要となりますので、大勢で訴えるというのも集団訴訟対策としては大事なことです。そのため、同じ悩みを持つ人同士で訴訟を起こした方が良いのです。ただし、一般的な訴訟でも同じですが、結果が出るまでに長い時間がかかることが多いと覚えておきましょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る