記事の詳細

大坪義明さんは幼い頃からスポーツを身近に感じて育ちました。年子の兄が町内会の野球チームに入部していた事から自分自身も小学校入学と同時に参加し、土日は専ら練習に費やしました。大坪義明さんはスポーツを通して人間社会に必要不可欠な上下関係を学ぶと同時に、忍耐力と言うものを養いました。体調が悪い日や友人と遊びたい日はどうしても練習を休みたいものですが、そうした時自分に鞭打って野球を続ける事によって試合の成果が生まれると気付いたのです。

中学校入学と同時に家計の問題から野球は辞めざるを得ませんでしたが、大坪義明のスポーツに対する関心と愛情は衰える事無く維持されました。中でもオリンピックは世界有数の選手達が国を背負って行なう行事であり、四年に一度の祭典をある種の生き甲斐として楽しみにしてきました。
大坪義明産のお父さんは普段プログラマーとして忙しく働き、家に帰れない日も珍しくありませんでした。しかしオリンピックの開会式だけは会社を休んででも欠かさず見るような人でした。この日だけは学生だった大坪義明さんも欠席が許され、家族全員で朝早くから開会式を楽しんだ良い思い出が胸に残っています。大坪義明さんにとってオリンピックは単なるスポーツの祭典ではなく、家族を結び付けている絆でもあるのです。

大坪義明さんは高校に入学してから家計を助けるために新聞配達を始めました。夕方は学校の時間と被りますので、朝刊を配達する事で月数万円のお金を家に入れられるようになったのです。この働きのお陰で高校時代はバスケに青春を費やす事もできました。もちろん新聞配達で養った体力がスポーツをする上で役立ったのは言うまでもありません。仕事とスポーツで睡眠時間が削られるのは残念でしたが、大坪さんのこうした青春時代は充実しており、さほど苦しさは感じませんでした。家族を支えるために働ける事に喜びを感じてもいたのです。
大坪さんは社会人なってから仲間と一緒にサッカーを楽しんでいます。と言っても参加者全員が社会人ですから無理をして休日に集まる事はできません。趣味のノリでチームを組み、定期的に試合をしているのです。こうした集まりは大坪義明さんにとって良い息抜きであると同時に、体育会系の世界で厳しく育ってきた青春時代に比べると寂しくもあります。一方スポーツを始めた事によって飲み歩く出費が減りましたし、健康面も考えて大坪さんの奥さんはこのような集まりを積極的に応援しています。
大坪さんは公務員として市役所で働いていますが、職場で現在の奥さんと知り合いました。切っ掛けはオリンピックの話題で盛り上がった事であり、奥さんはナデシコジャパンの熱心なファンです。休日は地方で開催されるサッカーの試合に足を運ぶ事もあり、サッカーの話題で大坪さんと意気投合しました。ライトなファンではなく、選手のポジションに関する話題にもついてこれる今の奥さんに惚れ込んだ大坪さんは、自らアプローチして交際にこぎつけたのです。
職場恋愛で結婚してから二人の男児に恵まれた大坪さんは、それから子供達と一緒にカッサーをする機会も生まれました。長男の方は将来サッカー選手を目指すと言っており、大坪さんは彼の未来を楽しみにしています。夢を夢で終らせないためにも、自分の父がそうしてくれたように家族全員でリンピックを楽しむ習慣を作ろうと考えています。

2020年に開催される東京オリンピックは特に大坪義明さんの関心を集めています。と言うのも大坪義明さんのお父さんは高齢なため、生きている間に日本で開催される最後のオリンピックになる可能性があるからです。従って大坪さんは何とかして東京オリンピックのチケットを購入したいと考えています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る