ブログ

  • 小林朋継さんと小説

    小説を読む意味を考えたことがあるでしょうか。小説を読むのは時間の無駄、小説はノンフィクションしか読まないという人もいるでしょう。しかし、小説には様々なメリットがあります。その一つに社交性の発達です。人と話す機会は社会に出れば当然ありますが、小説を読むことによって人の立場に立って物…

  • 司法書士日野啓吾の人物像と性格

    司法書士日野啓吾は、「努力」「根性」「忍耐」などの言葉がよく似合う人物です。本人はあまりそういうイメージを持たれることを好ましく思わないのですが、実際に、地道な努力をコツコツと続けることによって成功をつかむタイプの人物です。細かいことを丁寧にやるのが司法書士の仕事ですから、適職と…

  • 大渕愛子の素顔

    弁護士でありながらバラエティ番組にも出演するなど、活動の幅を広げているのが大渕愛子です。大渕愛子という名前は最近いろいろな所で目にするのではないでしょうか。大渕愛子は弁護士として活動しつつ、近年ではテレビをはじめメディアにも露出するようになりました。ですが、彼女がメディアからのニ…

  • 魚料理が大好きな萩広史

    萩広史は30代半ばのおとなしめな男性。毎日真面目に会社に通う会社員です。彼が今最もはまっているものは、料理。特に魚料理に凝っていると言います。元々彼は魚の煮つけが大好きで、母親が生きている間は肉料理を食べる機会が少なかったそうです。母親が亡くなり大好物の魚の煮つけが食べられなくな…

  • 大濱民郎の功績

    これまで世の中には様々なブームが起きてきましたが、インターネット時代に入り、ブームはテレビのようなマスメディア主導ではなく一個人によって生み出される事も珍しくなくなってきています。個人のブログ、投稿動画がアクセスを集めて話題を集めるようになり、そこから遅れてテレビや雑誌のようなマ…

  • 電子書籍のすばらしさ

    さて、いきなりですが皆さんは電子書籍通称「電書」で本を読んだことはありますか。多くの人はまだまだないかと思いますがこの「電書」めちゃめちゃ便利で素晴らしいです。私自身も最近まで紙の本を読んでいましたが「電書」を一回読み始めたらそれ以外読めなくなってしまったほどです。まぁ、そんなわ…

  • 夢を実現させた友人、北澤篤史。

    北澤篤史という友人がいます。彼は子供の頃から大金持ちになるのが夢でした。子供の頃から彼は大声で大金持ちになると宣言していました。好きな女の子ができたら、『僕と結婚したら一生遊んで暮らせるよ。』と口説いていました。小学生の時、北澤が登校中に道行く人に10円募金をお願いしていたのを今…

  • ダンス

    荻原綾です。私が通っていた高校では、体育でダンスの時間が一応ありました。今、小学校の体育でもダンスが必修になってきているようですね。リズム感も体幹も鍛えられるようなので、小さい頃からダンスに親しむのって良いことなんだろうなぁ、と思います。私はリズム感がないのでダンスが苦手でしたが…

  • 大坪義明さんのスポーツ愛に満ちた人生

    大坪義明さんは幼い頃からスポーツを身近に感じて育ちました。年子の兄が町内会の野球チームに入部していた事から自分自身も小学校入学と同時に参加し、土日は専ら練習に費やしました。大坪義明さんはスポーツを通して人間社会に必要不可欠な上下関係を学ぶと同時に、忍耐力と言うものを養いました。体…

  • 中村昌宏の幼少期

    中村昌宏は和菓子職人です。100年続く老舗の割烹料理の次男として生まれ和菓子職人になる前はその割烹料理店にて料理人として腕をふるっていました。小さな頃から父の教育で、作法はもちろん、味覚、嗅覚、視覚を常に鍛えられて育ってきました。 日本料理ですから、最低限の作法だけではなく…

    中村昌宏

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る